メンズ

特徴がある新型うつ病の治療は専門的な知識がある医者に相談

  1. ホーム
  2. 家族がうつ病になったら

家族がうつ病になったら

悩む人

うつ病の種類と対処法

うつ病患者の数は年々増加しているといわれています。さらに、近年ではうつ病にかかる若者も増えていることから、もはやだれがかかってもおかしくない病気、という認識へと変わりつつあります。本来、うつ病にかかるのは中高年の男性が多いといわれていました。責任ある立場にある方がある日突然、抑うつや不眠などを訴える、というのがかつてのうつ病のイメージであり、また多くの方が想像するうつ病の症状ではないでしょうか。しかし、近年多くみられるうつ病患者には、必ずしもこの症状があてはまるわけではありません。むしろ若い世代、特に女性のうつ病患者が増加しています。その症状も過眠や食欲の増進など、従来のうつ病とは異なる症状を持ちます。従来のうつ病(定型うつ病)と比較し、「新型うつ病(非定型うつ病」と呼ばれています。前述の通り、新型うつ病は若年層の患者が多くみられます。もし自分たちの身近な人や家族がこの病にかかったとしたら、どうしたらよいのでしょうか。新型うつ病の症状には、抑うつの他、過眠や食欲の増進などが見られます。これらの症状により、体重の増加や生活リズムの乱れなどが現れ、さらに精神状態が不安定になってしまったり、不眠の症状を訴えるケースが多くみられます。このような状態を改善するためには、本人の努力の他、家族の支えが不可欠です。専門医にかかると抗うつ剤が処方されますが、これはあくまでも補助的な役割であり、治療の中心となるのは「生活習慣の改善」です。たとえば、起床・就寝時間、運動の時間などを決め、一日のスケジュールを決めることから始めます。こうして、規則正しい生活リズムを取り戻します。ただ漠然と計画や目標を立てるのではなく、確実に実行していくことが重要です。そのため、患者だけでなく、家族の方も一緒に計画や目標を立て、それをこなすことができるようにサポートしてあげてください。正しい生活習慣へと導くことで、自然と気持ちも前向きになり、うつ病の改善へとつながります。なお、うつ病の改善には休息が不可欠であるといわれますが、これは新型うつ病にはあまりあてはまりません。もちろん体調が悪い時や、どうしても続けることができない場合は別ですが、生活リズムを正すためにも仕事はできる限り続けるべきです。また人と触れ合うことで前向きな気持ちが生まれることもあります。外で仕事を行うことがつらい場合には、在宅の仕事や家事をするのも良いでしょう。規則正しい生活を心がけ、簡単にで構いませんので、一日の行動を記録しましょう。