メンズ

特徴がある新型うつ病の治療は専門的な知識がある医者に相談

  1. ホーム
  2. 周囲が理解することが大事

周囲が理解することが大事

相談

怠けているわけではない

新型うつ病は現代病とも言われており、現代人にかかってしまう人が増えています。新型うつ病は、普段はいつもどおりの状態となっているのですが、自分自身がストレスを強く感じる場所へ行かなければならない状況に立たされたときに、うつの症状があらわれる精神的病です。しかし立派に病気にかかっているにもかかわらず、周囲から理解されないことが多々あり、症状が悪化してしまうこともあります。その理由は、いざその場所へ行かなければいけない状況に立たされたときに症状があらわれるため、周囲からはただ単に「行きたくないだけだろう」「仮病を使って休みたいだけだろう」と、怠けていると見られてしまうことがよくあるといわれています。仕事へ行かなければいけないとき、学校へ行かなければいけないとき、その時間がやってきたときに症状があらわれる人もいれば、職場や学校に着いて症状があらわれる人もいます。その症状は、腹痛や頭痛、めまいなど身体的な症状が出てくる人もいれば、突然涙があふれ出て情緒不安定となったり、パニックになって呼吸困難となってしまったりと精神的な症状があらわれる人もいます。放置してしまえば、最悪な状況を選んでしまうこともあるため気をつけなければなりません。新型うつ病は、身体的な症状や精神的な症状が一ヶ月以上続けば症状を疑って良いかもしれません。しかし、周囲はその人が本当に怠けているだけなのかどうか判断するのも大事なことです。どうしてその場所へ行きたくないのか、まずは本人からじっくり話を聞くことが大切です。最初から攻めるように、仕事へ行くようにまたは学校へ行くように言えば、症状が悪くなる一方です。症状がひどくなった場合は心療内科などで診てもらい、治療をすることも必要となります。新型うつ病は、周囲がしっかり理解して、その場所へ行かないようにすれば症状が回復する人が多くいます。原因となる職場や学校から離れて、ゆっくり精神を休める時間を与えることで症状がなくなり、精神的なバランスを整えていくことができるようになります。しかしそうしてしまうと、周囲は仕事をしない又は勉強しない人間になってしまうのではないかと不安になる人もいますが、新型うつ病になる原因のほとんどがストレスから発症といわれており、そのストレスを解消できなければいつまでも症状が出てくるようになります。しかし周囲が理解できなければ、その理解してもらえないストレスが重なってのしかかるようになり、新型うつ病が悪化する恐れがあるので、治すためにもまずはその場から離れるようにさせることが大切です。