心の健康を取り戻そう。

特徴がある新型うつ病の治療は専門的な知識がある医者に相談

自分で行動を起こす

医者 新型うつ病の治療は、精神療法が中心となります。同時に、患者自身が行動を起こすこともまた重要です。社会生活の中で日々小さな目標を立て、それをクリアーしていくことで、自己肯定感を築いていくことが大切です。

周囲が理解することが大事

相談 新型うつ病は周囲からただ怠けているだけと判断され、なかなか理解してもらえないことが多々あるといわれています。治すことができるようになるためにはまず、周囲が理解できるよう努力をすることがとても重要となります。

傷つかないようにしよう

病院

新型うつ病は、若者に見られるうつの症状で、嫌なことに対してのみ抑うつ状態になる病気です。周りからはわがままで言葉遣いが荒い人に見えてしまう病気なので、相談相手にはカウンセラーや心療内科を選ぶように気をつけましょう。

家族がうつ病になったら

悩む人

近年患者数を増やしているのは「新型うつ病」という、従来のうつ病とはまた異なる心の病です。新型うつ病の治療には、規則正しい生活を送ることが非常に重要です。そのためには、患者の努力だけでなく、家族の支えも大切です。

状態が変化しやすい

聴診器

楽しいこともできなくなる

新型うつ病で最も特徴的なのが、自分のやりたいことは元気にできるが、やりたくないことはできないという症状です。この特徴がワガママ病と誤解される大きな原因でもあります。仕事に行かないといけないと考えると体は鉛のように重たいのに、気晴らしのショッピングなら外出できたり、会社に欠勤の電話を入れたら嘘のように体調不良がよくなり遊びに出掛けられたなど新型うつ病の人がよく口にする内容です。当事者は決して仕事をさぼろうとしているわけでなく、本当に体調不良を起こして行動が起こせなくなってしまいます。やろうとしているのに、できないというのが当事者の偽りのない感覚です。主な自覚症状としては、頭痛や気分がうつうつとして沈み込む抑うつや、めまいなどがあります、また動悸や呼吸困難、意欲の低下なども見受けられます。診断の際には嫌なことはやりたくないというだけでは、うつ病だといわれることは当然のことながらないわけです。新型うつ病の特有の症状に加えて複数のうつ病の症状を併せ持っているかどうかというのが一つの基準となります。また、新型うつ病特有の好きなことや楽しいことなら元気に取り組めるというのも、いつまでも続くことではなく、重症化してくると常に会社のことが頭から離れなくなり、一日中うつうつとした気分が晴れなくなってくるので注意が必要です。そして、新型うつ病の抑うつ症状は突発的にやってくるというのがひとつのポイントです。たとえば、夜中に急に悲しい気分になり涙が止まらなくなったり、仕事中にに突然泣き出してしまうなど非常に急激に気持ちの変化が生じます。かと思えば、急にケロリとして何事もなかったかのように行動しだしたりします。こんな会社はもう耐えられないと大騒ぎして泣いた翌日には、同僚と親しげに食事をしているというようなこともよくあることです。感情のアップダウンが激しく、本人がコントロールできないのが新型うつ病です。加えて、情緒面にムラがあるので、気分によって行動が変わることもたびたびあります。誰しもその日の気分や体調で多少言動に変化はあるものですが、新型うつ病の人の場合、そのアップダウンもやはり激しく、周囲の人の不興を買ってしまいがちです。そのため、昨日は機嫌がよく、はりきって仕事をしていたのに、今日になったらまったくやる気がなくだるそうにしているなど日替わりで極端に違いが出ます。不安定な気分を周囲にぶつけてしまうこともあるので、まずは新型うつ病に症状であることを理解してあげることが大事です。